ESPRESSO VOL.19


 特集
  「熊本を元気にする  モノ コト

熊本地震から1年が経過し、熊本は今、創造的復興「Build Up Better Kumamoto 」を合言葉に復興から成長の道を目指して1歩ずつ進んでいます。今回の「ESPRESSO vol.19」では、この郷土熊本を元気にする、モノやコトの取り組みについて注目してみました。

くまもとDMC×KASSE JAPAN
「熊本を元気にする方法論」を聞く

観光庁が設立の音頭をとる「日本版DMO」。観光地域づくりの”司令塔”として期待される組織だが、何をやる組織、会社なのか、今ひとつ分りにくい。熊本を元気にする「DMO」「DMC」って何だろう?関係者にきいた。


「シルク」「ワイン」「灯籠」「三本の矢」で地方創生
山鹿市に見るブランディング事業

ー「新シルク蚕業構想」世界最大規模の養蚕工場が完成
ー菊鹿ワイナリー構想 2018年10月に「菊鹿ワイナリー」がオープン予定
ー山鹿灯籠ジャパンブランド構想 アドバイザーに山本寛斎氏

  


「発酵の恵み」
益城で生まれた最高のチーズ

益城町から、復興の願いを込めたセミハードチーズと、日本最高位のチーズ「フロマージュ・フレ」が誕生した。そこにはその土地ならではの素材と、熊本・九州の酪農を支えたいという思いが込められている。


「マンガの力」
 南阿蘇鉄道 がんばれクマモト!
マンガよせがきトレイン!

漫画家・原作者117人の想いを乗せ、南阿蘇を駆ける復興のシンボル


「Look up to the SKY!」
壮大なる空の旅ーようこそ熊本

世界一周へ挑む伝説の名機が熊本の空へ、益城の子供たちを乗せ
ブライトリングDC-3ワールドツアーin KUMAMOTO


     OTHER CONTENTS

人間を圧倒する、雪氷をまとった静謐の大地
ー熊本の会社員が体験した”南極生活”とは?!

【ESPRESSO的旅行記】
・ 「神戸」開港150年 心華やぐ港町KOBE

・ 「ラ・リオハ」葡萄の旅

・ 「ハワイ」一度は訪れたい歴史的な場所 パールハーバー