雪氷をまとった静謐の大地



熊本の会社員が体験した”南極生活”とは?!

1957年(昭和32年)から始まった日本の南極観測も、今年で60年目を迎える。研究者でもなければそう簡単に訪れる機会のある場所ではないが、昨年末から南極に滞在した”会社員”が熊本にもいる。ドローン技術者として南極観察隊に同行した会社員・中田浩毅さんに、想像を超える南極体験の数々を聞いた。

砕氷しながら進む南極観測船「しらせ」

「しらせ」船上に現れたカーテンのようなオーロラ